ホーム > 事故後の症状

事故後の症状

症状

一瞬の衝撃によって受ける体の損傷。これが普通のケガとはちょっと様子の異なる、交通事故によるケガの特徴です。
事故の状況や大きさによって、ケガの種類も打撲や捻挫、骨折、挫傷などいろいろありますが、交通事故のケガをあまくみてはいけません。事故後、体の異変に気付いたら、まずは当院にご相談ください。

むち打ち症

交通事故のケガでとくに多いのが、俗に“むち打ち症”と呼ばれる頸椎捻挫です。むち打ち症の場合、事故直後は症状を自覚することがなく、数日から数週間後に頭痛やめまい、体の痛み、手のしびれといった症状が出てくることがあり、放っておくと後遺症となってずっと残るケースもあるので注意が必要です。

むち打ちによる首の損傷は、初期の場合(1~3週間)熱をもっていることがあるので、その間は無理に動かすことはよくありません。首周辺は神経や血管が集中しているため、非常にデリケートです。
当院では患者さまの体調を考慮し、ソフトな施術で少しずつ筋肉のこりをほぐしていきます。

骨折

骨折の場合、よくあるのがギブスで固定したまま放置し、骨が自然につくのを待つという処置。
当院では、骨折であっても放っておくような治療はいたしません。ギブスで固定したつもりであっても、その中で骨は微妙にずれていってしまうものです。そうならないよう、正しい位置にしっかりつくように毎日調整していきます。

そしてある程度骨がついてきたら、次はリハビリを行います。リハビリは当院で行うだけでなく、患者さま自身が日常行うことも大切です。そのための方法など、さまざまなアドバイスさせていただいております。