ホーム > 交通事故治療とは

交通事故治療とは

交通事故治療

交通事故治療は、被害者の場合は加害者側の自賠責保険が適用されるので、治療に費用はかかりません。

また、加害者の場合や単独事故の場合も、任意保険に加入していればそれが適用されるので、やはり費用はかかりません。
保険会社に電話を一本入れるだけで、ほかに面倒な手続きはありません。

整形外科と接骨院の治療の違い

交通事故でケガをした場合、最初は病院で検査を受けることをおすすめします。念のためにレントゲン撮影をして、骨に異常がないかをチェックしてもらいましょう。
ただし病院では、骨に異常がなければ「とくに問題はない」とされてしまうようなことが往々にしてあるものです。

それで本当に異常がなければいいのですが、「問題はない」と診断されたはずなのに、事故後に首や腰の痛みが続いたり、ときどき手がしびれたりするのは一体なぜなのでしょうか?
それは、骨ではなく筋肉が損傷を受けているからなのです。あるいは、関節に微妙なゆがみを生じていることもあります。これらの損傷が体にさまざまな影響を及ぼしています。また、これらの損傷はレントゲンには写らず、また外から目で見てパッとわかるものではありません。

それに対し、「専門的に治療できる」のが、接骨院である当院の大きな強みです。
まず、触診(手で患部に触れること)によって筋肉のどこがどのように損傷しているかをしっかり見極めます。そして患者さま自身の体が自然に治癒していけるよう、症状に応じてさまざまなサポートを行っていくのが当院の務めです。

接骨院で治療を受けるメリット

大きな病院で診療を受ける場合、待ち時間ばかりが長く、それでいて診療時間は短いというケースはよくありますね。しかも、通院は1週間に1回、治療も湿布したり飲み薬を出してもらう程度だったりします。

しかし交通事故のケガ、とりわけむち打ち症は、何らかの症状が後遺障害として残る可能性があるので、なるべく早い段階で徹底的に治療する必要があります。
当院では、患者さまの都合に合わせ(予約制です)、毎日治療に通っていただくことができます。急患であっても対応は可能ですので、その際はご相談ください。

整形外科からの転院について

転院とは、現在かかっている病院などの診療を打ち切り、別の病院、あるいは接骨院などに治療場所を移すことです。
病院の治療で症状が改善されなければ、別のところに転院したいと誰でも思いますね。

ただし、病院から当院に転院する際は、保険会社にまず転院の旨をご一報ください。それにより、当院での治療も保険適用となります。

また転院ではなく、併院という手段もあります。併院とは、病院と当院の両方にかかることです。
これについても保険会社にご連絡いただくことで保険が適用されます。転院、併院をご希望される場合はご相談ください。