院長ブログ

足がよくつる人の原因は何?姿勢から見えてくる特徴|千葉市幕張たくみ接骨院

 




足がよくツル人の姿勢・骨格の特徴

皆さんはよく足がつることがありますか?足がつる人には特徴があります。

背骨が丸くなった人
腰の湾曲が無くなった人
膝の屈伸が出来ない人
足首の動きが悪い人


当院へ来られた足のツリで多い人を見ると、色々な方がいるのですが、今回は特に足がつる人の多い順に挙げてみようと思います。


背骨が丸くなった人は足がつる


背骨が丸い人と足のツリ
この方見るからに上半身が前のめりとなり、背骨が丸くなった状態です。腰と背中の脊髄神経の出口を強く伸ばされた状態となります。常に背骨が丸い状態は神経を過剰に伸ばすので『足がつる』腰に痛みを感じやすい状態となります。
 


背骨が丸い・狭いチェック
背中の丸みをチェックする時は、立った状態で壁に寄りかかり確認できます。踵・お尻・背中・頭をしっかり壁に付けて下さい。腰に手の平が1個分ぐらい入るのが理想だと言えます。




腰の湾曲が無くなった人は足がつる

 
腰の湾曲と足のツリ
腰の湾曲とは、横から見た時に腰は少し前にせれている状態が理想です。湾曲が弱いと重心が後ろにかかるので、ふともも・ふくらはぎ辺りに力が入りやすい状態となり『足のふともも裏・ふくらはぎがつる』ことがあります。

 

骨盤の傾斜も弱くなる
骨盤の傾斜とは、上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)と後上腸骨棘(こうじょうちょうこつきょく)を結んだ線と、恥骨(ちこつ)と股関節を結んだ線の交わるところが骨盤傾斜角度になります。解剖生理学では30°前後の傾斜が理想とされております。実際に当院で大勢の方を見ると15~18°位の人が多いと感じております。



膝の曲げ・伸びにくいと足がつる


膝の関節は平面的な構造で歪みやすい関節です。足の体重を支え歩くときに荷重を受けます。この方は膝の歪みでO脚気味になっていますので、足がつりやすい状態でご来院くださいました。


 
膝の曲げ伸ばしと足のツリ
膝は大腿骨と脛骨(けいこつ)が関節して、曲げ伸ばしをしています。o脚になると大腿骨と脛骨が捻じれ、膝が曲げ伸ばしにくい状態いnなるので、膝がしゃがみにくかったり『膝裏の内側がつる』ことがあります。
 

膝の隙間をチェックしよう
膝のすき間をチェックする時は、両くるぶしを合わせて、膝の隙間が空いていればo脚の可能性があります。歩く時に膝が外向きに開くなどお皿をチェックするのも一つの方法です。


体の痛み悩み相談

体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について
当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 

記事URL | コメント(0)

踵が外向き・内向きの歪みと姿勢について|千葉市幕張たくみ接骨院

踵が外向き・内向きの歪みと姿勢について
千葉市幕張でかかとの歪みや姿勢の崩れを改善へと導くたくみ接骨院のキムラです。今回は踵の外向き・内向き歪みと姿勢についてお話しします。
 

踵が歪むのってどんな風に?


踵が歪むってどんな感じでなるのか?立つ時に踵とアキレス腱が垂直になっていれば正常です。歩く時・立つ時は踵に体重がかかる訳ですが、何らかの形で歪みを生じてしまい様々な症状を引き起こすことがあります。私たちは普段あまり踵を意識することはありませんので、足が痛い時以外踵を気にする事もありません。今回は踵の位置が悪いとどうなってしまうのか触れてみたいと思います。







踵が外向きになってしまった20際女性


正面から見た時に、両足先は外側を向いているのが分かると思います。この女性の場合は右内くるぶしの捻じれが強く出ていたせいで、体が右に傾いているのが分かると思います。踵から体重バランスを崩し色々な症状やストレスを与えます。踵が外向き状態で歩いたり生活をされると、足首を曲げる筋肉ふくらはぎに負担をかけ続けます。

踵が外向きの症状
内ふくらはぎ・内スネがツッパル・違和感を感じたら、踵が外向き傾向の恐れがあるので気をつけてください。





踵が内向きになってしまった20歳女性


正面から見た時に、お皿が内側に入り込んでいるのが分かると思います。踵が内向きになると外側重心になるので、通常はお皿が外側に位置するのですが、この方は左踵の捻じれが強く、体が左に傾いてしまってます。お皿が内側に入るため太ももに強いストレスを与えております。

踵が内向きの症状
ふくらはぎ外側・前スネにツッパリ・違和感を感じたら、踵が内向き傾向の恐れがあるので気をつけてください。





踵は歩き方により歪む


足首をケガされた人以外に踵の歪みが生じている人は、ほぼ9割近く歩き方により踵が歪んでいると思って下さい。足首の靭帯が緩くなった人も踵が歪むのでしっかりとケアしましょう。



踵の歪みを改善する方法


ご自分で踵の歪みを改善する方法としては、歩き方の癖を正すこと足首を頻繁に回すことです。


歩き方の癖を治す
出来るだけ指先を正面に向けましょう
歩幅を広くして歩くのは止めましょう
踵の角で着いて歩くのは止めましょう


足首を回す
踵が外側の人・・足首を内返しに回す
踵が内側の人・・足首を外返しに回す

 



体の痛み悩み相談

体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について

当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 

記事URL | コメント(0)

O脚・x脚を放置すると膝の変形が進む|千葉市幕張たくみ接骨院

O脚・x脚を放置すると膝の変形が進む
姿勢から皆様の健康をサポートしております、千葉市幕張たくみ接骨院のキムラです。今回はo脚x脚を放置されると膝の変形が進むについてお話しします。
 

 

o脚から膝の変形【70歳女性】

 
70歳ぐらいの女性で膝の変形をお持ちの方で多いのがo脚です。o脚は膝の隙間が空いてしまった人を言います。o脚の特徴としては以下の状態になります。
 

 
【o脚の特徴】
 
膝のお皿が外を向く
脛骨・腓骨の捻じれ
股関節の開きが強い
骨盤傾斜角度が弱い
これらの特徴がo脚で多いです。また姿勢の崩れ・背骨湾曲の崩れなどにより様々な体の不調をきたす恐れもあります。若い世代の人は美容目的でo脚を気にしますが、実は健康面でもo脚を治された方が後々体に与える影響もかわります。ではなぜo脚になってしまうのか考えてみましょう。
 
o脚になる生活習慣
o脚は自然になると思っていらっしゃる方が多いのですが、実際、生活習慣でo脚になる事があります。ではどんな生活でo脚になるかと言うと以下の生活習慣が考えられます。
 
地べたであぐら座り
指先が外向きで歩く
歩幅を広くして歩く

外側に体重がかかる
 
主に外側に体重がかかるとo脚になりやすいです。具体的に言うと、下肢外側の筋肉の緊張内ももの筋肉の退化です。ではどうすれがo脚を改善することが出来るのか?
 
o脚を改善するためには
o脚を改善するためには、下肢外側の筋肉のストレッチ・内ももの筋肉の強化が大切です。
 
①下肢外側の筋肉のストレッチ

o脚を改善する方法①下肢外側の筋肉のストレッチを行います。どの筋肉を伸ばすかと言うと縫工筋(ほうこうきん)です。縫工筋は骨盤の出っ張りから膝の内側に走行しています。ですので仰向けに寝て膝を曲げ・足の甲を床に付けて15~30秒位伸ばすと良いです。

 

②内ももの筋肉の強化
o脚を改善する方法②内ももの筋肉の強化を行います。立った状態で両股にタオルや柔らかめのクッションを挟み10秒ぐらいゆっくり股を締めてください。

 

x脚から膝の変形【70歳女性】


70歳ぐらいの女性で膝の変形をお持ちの方で次に多いのがx脚です。x脚は膝の隙間が狭くなってしまった人を言います。x脚の特徴としては以下の状態になります。
 

【x脚の特徴】

膝のお皿が内を向く
脛骨・腓骨の捻じれ
股関節の開きが狭い
骨盤傾斜角度が強い


これらの特徴がx脚には多いです。また姿勢の崩れ・背骨湾曲の崩れなどにより様々な体の不調をきたす恐れもあります。x脚は見た目も買った悪いだけでなく、歩き方にも影響を与えるます。ではなぜx脚になってしまうのか考えてみましょう。
 
x脚になる生活習慣
x脚は自然になると思っていらっしゃる方が多いのですが、実際、生活習慣でx脚になる事があります。ではどんな生活でx脚になるかと言うと以下の生活習慣が考えられます。
 
地べたでお姉さん座り
指先が内向きで歩く
歩幅をせまくして歩く
親指に体重がかかる

主に内側に体重がかかるとx脚になりやすいです。具体的に言うと、下肢内側の筋肉の緊張・ふとももの裏面の筋肉の緊張です。ではどうすれがx脚を改善することが出来るのか?

 
x脚を改善するためには
x脚を改善するためには、下肢内側の筋肉の緊張・ふとももの裏面の筋肉の緊張をとるとx脚は改善されてきます。
 
①下肢内側の筋肉のストレッチ
x脚を改善する方法①下肢内側の筋肉の緊張をとるストレッチを行います。どの筋肉を伸ばすかと言うと内転筋(ないてんきん)です。内転筋は仙骨から膝の内側に走行しています。ですので仰向けに寝て膝を曲げあぐらをかくようにしながら、足を持ち上げて15~30秒位伸ばすと良いです。

 
ふとももの裏面のストレッチ
x脚を改善する方法②ふとももの裏面のストレッチを行います。どの筋肉を伸ばすかと言うと大腿二頭筋(だいたいにとうきん)です。大腿二頭筋は仙骨から膝の内側・腓骨頭に走行しています。床に座り両股を開き、膝を伸ばしなしながら、足の指先に前屈しながら15~30秒位伸ばすと良いです。

 

体の痛み悩み相談

体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について

当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 

記事URL | コメント(0)

太ももの筋肉が硬くなると腰痛になりやすい|千葉市幕張たくみ接骨院


太ももの筋肉と腰痛について


皆様の健康をサポートしております。千葉市たくみ整体院のキムラです。今回は太ももの筋肉と腰痛について触れてみたいと思います。まずは太ももの筋肉についてですが、大きな筋肉4つ程挙げて見ます。



太ももの筋肉について


太ももを構成する筋肉は、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)・縫工筋(ほうこうきん)・大腿直筋(だいたいちょっきん)・外側広筋(がいそくこうきん)・内側広筋(ないそくこうきん)からなります。主な働きとしては、股関節を曲げる時に使います。これらの筋肉以外にも腰痛と関係の深い筋肉としてお腹の腸骨筋(ちょうこつきん)が挙げられます。




太ももが硬いとこんな障害が出やすい
 
曲げ伸ばし時に股関節の付け根が痛む
階段上り降り時に膝のお皿辺りが痛む
イスから立つ時腰・股関節辺りが痛む
足が挙がりずく足首がつまずきやすい

 
などの症状が挙げられます。主に股関節の付け根・腰・ヒザ・足首の症状がメインとなりますが、太ももの硬さが長期化につれ、姿勢の崩れ・骨盤の傾斜が崩れるなど、体全体の体重バランスなどにも影響を与える筋肉ですので、しっかりケアを行って下さい。


太ももと腰痛について


太ももと腰痛についてですが、直接太ももが悪いから腰痛になるかと言うとそうではありません。太ももが硬くなり股関節の動きが悪くなると結果として腰痛となります。

太もも股関節腰痛の図式図
太ももが硬い股関節が硬い骨盤がロック⇒前屈したり、体を反らしたりすると腰に負担を掛けてしまい痛みを伴う・日常生活が出来なくなる。

太ももが硬くなる生活習慣
太ももや股関節が硬くなる生活ですが、以下が挙げられます。
イスに5時間以上座る
中腰作業姿勢が多い
一日中車移動や運転
荷物の上下を繰り返す

などの作業や動作により、太もも股関節前面の筋肉が徐々に硬くなってしまい、次第に骨盤が動くにくくなりぎっくり腰や慢性腰痛などを引き起こします。ではどうすれば太ももが柔らかくなるか?


太ももの硬さをチェック・ストレッチ


太ももの硬さをチェックしますがそのままストレッチにもなります。まず仰向けに寝て、膝を曲げ・足の甲を床に着けて下さい。膝が浮いていれば、太ももがかなり硬い状態です。そのまま30秒ほど息をはきながら徐々に筋肉を伸ばしましょう。もし可能であれば、反対の足を膝の上に乗せるとかなりストレッチされます。是非参考にしてください。

膝をで来るだけ床に付ける
 


膝が浮いてしまうと効果が半減



出来れば反対の足を膝に乗せる



曲げている足の甲をしっかり床に付ける


 
最後に!
太ももが硬い人と腰痛について解説しましたが、歩き方や体重の掛け方などによっても太ももが硬くなる事も多いので、気になる方は歩き方・体重バランスを当院でしっかりご案内しております。機会があればご来院ください最後までお付き合いいただきありがとうござい


体の痛み悩み相談

体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について

当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 

記事URL | コメント(0)

ふくらはぎを柔らかくし慢性的な肩こり・頭痛とオサラバしましょう|千葉市幕張たくみ接骨院


ふくらはぎの筋肉は柔らかい方が良い


皆様の健康をサポートしております千葉市たくみ整体院のキムラです。今回はふくらはぎの筋肉は柔らかい方が良いについて解説して参ります。


ふくらはぎは第二の心臓


昔からふくらはぎは第二の心臓と言われております。血流の循環は心臓だけでなく、歩くことでふくらはぎの筋ポンプ作用で血液を送り返す役割があります。そのため、慢性的な肩こり・偏頭痛・腰痛などにも回復すると言われています。ではふくらはぎをもう少し詳しく見ていきましょう。


ふくらはぎの筋肉について

 
ふくらはぎの筋肉は、腓腹筋(ひふくきん)ヒラメ筋・長腓骨筋(ちょうひこつきん)などがあります。これらの筋肉は主に足首を伸ばすときに作用する筋肉です。つま先立ちをする時・足を後ろへ蹴る時・足指を曲げる時に働きます。筋肉と筋肉の間に動脈・静脈・神経などが走行し、ふくらはぎが硬くなると様々症状を出します。


 
ふくらはぎが悪くなると

膝の曲げ伸ばしが困難
足首の回しが悪くなる
腰や股関節の関連痛に
反対側の肩腕の関連痛

 
などが症状として挙げられます。もちろんそれ以外にも頭皮の筋膜とも関連しますので、硬さによって偏頭痛やめまい・耳鳴りなどにも影響を与えることがあります。せっかくなのでスネの筋肉についても触れておきます。


スネの外側の筋肉について


スネの外側に筋肉は、長母指伸筋(ちょうぼししんきん)前脛骨筋(ぜんけいこつきん)があります。これらの筋肉は足の前面に位置し、足首を曲げる時・足首を外側に向ける時・指を反る時に動く筋肉です。スネの筋肉が硬くなると、踵が内側に歪む・o脚になってくると外側にストレスがかかり続け、筋繊維が伸び縮みが出来ていない状態でしゃがめなくなります。体に与える症状としては



スネの筋肉が硬くなると

歩く時にすり足歩行になる
膝を曲げる時に動きずらい
正座をするのが困難になる
しゃがむ時にがに股になる

 
などの症状が分かりやすく挙げられます。それ以外としては、肘の筋肉との関連しますので、手のしびれ・こわばりなど全く関係ないと思われる場所にも影響を与えます。最後に足首の硬さをチェックしたいと思います。

 

足首が硬くなっているかチェック
筋肉の柔軟性が無いとしゃがめなくなります。ふくらはぎの柔軟性をチェックする時は、しゃがむ動作を行って下さい。

チェックポイント


踵を床に付ける
指先を正面に向ける
膝を外側に広げない



最後に!
これらのポイントを踏まえまして、ふくらはぎの筋肉・スネの柔軟性を見て下さい。もし硬さがありましたら、足首をゆっくり回すとほぐれてきますので参考にしてください。最後までお付き合いいただきありがとうござい


 

体の痛み悩み相談

体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について

当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 

記事URL | コメント(0)