院長ブログ

太ももの筋肉が硬くなると腰痛になりやすい|千葉市幕張たくみ接骨院


太ももの筋肉と腰痛について


皆様の健康をサポートしております。千葉市たくみ整体院のキムラです。今回は太ももの筋肉と腰痛について触れてみたいと思います。まずは太ももの筋肉についてですが、大きな筋肉4つ程挙げて見ます。



太ももの筋肉について


太ももを構成する筋肉は、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)・縫工筋(ほうこうきん)・大腿直筋(だいたいちょっきん)・外側広筋(がいそくこうきん)・内側広筋(ないそくこうきん)からなります。主な働きとしては、股関節を曲げる時に使います。これらの筋肉以外にも腰痛と関係の深い筋肉としてお腹の腸骨筋(ちょうこつきん)が挙げられます。




太ももが硬いとこんな障害が出やすい
 
曲げ伸ばし時に股関節の付け根が痛む
階段上り降り時に膝のお皿辺りが痛む
イスから立つ時腰・股関節辺りが痛む
足が挙がりずく足首がつまずきやすい

 
などの症状が挙げられます。主に股関節の付け根・腰・ヒザ・足首の症状がメインとなりますが、太ももの硬さが長期化につれ、姿勢の崩れ・骨盤の傾斜が崩れるなど、体全体の体重バランスなどにも影響を与える筋肉ですので、しっかりケアを行って下さい。


太ももと腰痛について


太ももと腰痛についてですが、直接太ももが悪いから腰痛になるかと言うとそうではありません。太ももが硬くなり股関節の動きが悪くなると結果として腰痛となります。

太もも股関節腰痛の図式図
太ももが硬い股関節が硬い骨盤がロック⇒前屈したり、体を反らしたりすると腰に負担を掛けてしまい痛みを伴う・日常生活が出来なくなる。

太ももが硬くなる生活習慣
太ももや股関節が硬くなる生活ですが、以下が挙げられます。
イスに5時間以上座る
中腰作業姿勢が多い
一日中車移動や運転
荷物の上下を繰り返す

などの作業や動作により、太もも股関節前面の筋肉が徐々に硬くなってしまい、次第に骨盤が動くにくくなりぎっくり腰や慢性腰痛などを引き起こします。ではどうすれば太ももが柔らかくなるか?


太ももの硬さをチェック・ストレッチ


太ももの硬さをチェックしますがそのままストレッチにもなります。まず仰向けに寝て、膝を曲げ・足の甲を床に着けて下さい。膝が浮いていれば、太ももがかなり硬い状態です。そのまま30秒ほど息をはきながら徐々に筋肉を伸ばしましょう。もし可能であれば、反対の足を膝の上に乗せるとかなりストレッチされます。是非参考にしてください。

膝をで来るだけ床に付ける
 


膝が浮いてしまうと効果が半減



出来れば反対の足を膝に乗せる



曲げている足の甲をしっかり床に付ける


 
最後に!
太ももが硬い人と腰痛について解説しましたが、歩き方や体重の掛け方などによっても太ももが硬くなる事も多いので、気になる方は歩き方・体重バランスを当院でしっかりご案内しております。機会があればご来院ください最後までお付き合いいただきありがとうござい


体の痛み悩み相談

体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について

当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 



コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: