院長ブログ

ふくらはぎを柔らかくし慢性的な肩こり・頭痛とオサラバしましょう|千葉市幕張たくみ接骨院


ふくらはぎの筋肉は柔らかい方が良い


皆様の健康をサポートしております千葉市たくみ整体院のキムラです。今回はふくらはぎの筋肉は柔らかい方が良いについて解説して参ります。


ふくらはぎは第二の心臓


昔からふくらはぎは第二の心臓と言われております。血流の循環は心臓だけでなく、歩くことでふくらはぎの筋ポンプ作用で血液を送り返す役割があります。そのため、慢性的な肩こり・偏頭痛・腰痛などにも回復すると言われています。ではふくらはぎをもう少し詳しく見ていきましょう。


ふくらはぎの筋肉について

 
ふくらはぎの筋肉は、腓腹筋(ひふくきん)ヒラメ筋・長腓骨筋(ちょうひこつきん)などがあります。これらの筋肉は主に足首を伸ばすときに作用する筋肉です。つま先立ちをする時・足を後ろへ蹴る時・足指を曲げる時に働きます。筋肉と筋肉の間に動脈・静脈・神経などが走行し、ふくらはぎが硬くなると様々症状を出します。


 
ふくらはぎが悪くなると

膝の曲げ伸ばしが困難
足首の回しが悪くなる
腰や股関節の関連痛に
反対側の肩腕の関連痛

 
などが症状として挙げられます。もちろんそれ以外にも頭皮の筋膜とも関連しますので、硬さによって偏頭痛やめまい・耳鳴りなどにも影響を与えることがあります。せっかくなのでスネの筋肉についても触れておきます。


スネの外側の筋肉について


スネの外側に筋肉は、長母指伸筋(ちょうぼししんきん)前脛骨筋(ぜんけいこつきん)があります。これらの筋肉は足の前面に位置し、足首を曲げる時・足首を外側に向ける時・指を反る時に動く筋肉です。スネの筋肉が硬くなると、踵が内側に歪む・o脚になってくると外側にストレスがかかり続け、筋繊維が伸び縮みが出来ていない状態でしゃがめなくなります。体に与える症状としては



スネの筋肉が硬くなると

歩く時にすり足歩行になる
膝を曲げる時に動きずらい
正座をするのが困難になる
しゃがむ時にがに股になる

 
などの症状が分かりやすく挙げられます。それ以外としては、肘の筋肉との関連しますので、手のしびれ・こわばりなど全く関係ないと思われる場所にも影響を与えます。最後に足首の硬さをチェックしたいと思います。

 

足首が硬くなっているかチェック
筋肉の柔軟性が無いとしゃがめなくなります。ふくらはぎの柔軟性をチェックする時は、しゃがむ動作を行って下さい。

チェックポイント


踵を床に付ける
指先を正面に向ける
膝を外側に広げない



最後に!
これらのポイントを踏まえまして、ふくらはぎの筋肉・スネの柔軟性を見て下さい。もし硬さがありましたら、足首をゆっくり回すとほぐれてきますので参考にしてください。最後までお付き合いいただきありがとうござい


 

体の痛み悩み相談

体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について

当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 



コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: