院長ブログ

膝が硬くてしゃがめない時・お皿が動きずらい時の対処法|千葉市幕張たくみ接骨院


膝が硬くてしゃがめない原因

皆さん今晩・こんにちは!姿勢から皆様の健康をサポートしております。千葉市たくみ整体院のキムラです。今回は膝が硬くなってしゃがめない人について触れていきたいと思います。まず膝が硬くてしゃがめない原因についてですが、年齢のせいにしないで欲しいと思います。当院でも膝の疾患で大勢の方が来られますが、膝の歪み・筋肉の緊張でしゃがめなくなるケースがあります。
 

膝の歪みでしゃがめなくなる

普段私たちはo脚・x脚でなければ膝の歪みを意識するはありません。ただ日々の生活習慣によって膝の歪みにより、時にしゃがめなくなってしまう恐れもあります。膝の歪みを作っている生活習慣としては以下のことが考えられます。

膝が歪む生活習慣
 
歩く時指先が正面に向いていない
イスに座る時に膝をそろえて座る
イスに座る時がに股に広げて座る
フローリング硬いところに横座り

 
などの日々の生活習慣で、次第に膝のねじれが生じててしまい、しゃがむのが大変になる方も見受けられます。では、膝がどの様に歪むのが触れてみます。


膝の歪みを解説!

膝の関節は、上の骨『大腿骨』と下の骨『脛骨(けいこつ)』とお皿『膝蓋骨(ひつがいこつ)』から関節します。日々の生活習慣(歩き方・体重のかけかた)により、大腿骨と脛骨が互いに雑巾を絞るように捻じれていきます。もし脛骨が内側に捻じれた場合どうなるかと言うと
 
例え)下腿が内側に捻じると
 


捻じれによりお皿が外側に
脛骨が内側に捻じれが生じると、股関節の屈曲に作用する大腿直筋の影響で外側にベクトルが働き、しゃがむ時にお皿がスムーズに行かなくなってしまいます。


例え)お皿は外側に逃げる
 


脛骨が内側になる癖は?
脛骨が内側になる生活習慣は以下のことが挙げられます。

歩行時足指先が内側に
内股でイスに座る時
おねえさん座りをする
捻挫の後遺症などでも



お皿が動きずらい時の対処法

お皿が動きずらくて膝が曲げられない人は、膝を少しだけ曲げた状態で手のひらでお皿を軽く回してあげてください。ポイントは曲げ過ぎず・伸ばし過ぎるとお皿は動きませんので、ほんの少手の平が膝裏に入る位曲げて動かすようにしましょう。
 

最後に!
膝の歪みを整体で整えても、歩き方・体重の掛け方などでまた歪みを生じます。しっかり歩き方・体重の掛かり方を見てくれる院へ受診してください。最後までお付き合いいただきありがとうござい。
 

体の痛み悩み相談


体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について


当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 



コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: