お尻の痛み

2018年3月29日 木曜日

梨状筋症候群|太ももに力が入らない時の原因・対処法について|千葉市幕張たくみ接骨院

梨状筋が原因で太ももに力が入らない
お尻の筋肉により、太ももに力が入らない人の原因と対処法について解説したいと思います。

お尻の筋肉がコル時
皆さんは普段お尻がコルことはありますか?肩こりなら分かる人も多いと思いますが、実は『お尻のコリが原因で太ももに力が入らない』ことがあります。

お尻の筋肉について
お尻の筋肉は細かく分けて10種類有ります。中でも臨床的に太ももに力が入らない時の原因となる筋肉は梨状筋(りじょうきん)です。この筋肉は果物のナシに似ていることから名前がつけられました。そして梨状筋症候群と言う病名もしっかりとあるぐらい有名な病気です。

梨状筋症候群の原因について
梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)の原因としては、長時間椅子に座ったり・足・膝の歪みなど多岐に渡りますが、筋肉にストレスをかけ続けた結果、梨状筋が硬くなりその下を通る坐骨神経を圧迫するのが特徴です。


梨状筋症候群の症状
お尻の梨状筋(りじょうきん)の緊張による坐骨神経痛症状としては、あぐらをかくと楽になる歩く時に太ももが痛いお尻をいつも叩く・足のしびれ・冷たく感じるケースも見られることもあります。



梨状筋症候群の歩行について
梨状筋の原因による坐骨神経痛症状中の歩行を見ると、股関節を外側に開きながら歩きます。これは体重を外側に掛けることで痛みを回避する動きです。そして外側に足を軽く乗せて、足先を外側に向けて歩き痛み・しびれを回避する歩行となります。

梨状筋ストレッチについて
梨状筋のストレッチ方法は、①片方の手で足首を持ちます。②もう片方の手で膝下を持ちます。③足首を胸に付ける様に抱えます。曲げる時のポイントは内くるぶしを胸に付けると効果的な梨状筋のストレッチとなりますので、対処してください。


 

最後に

太ももの筋肉が痛くて足にしびれを感じ体重が着けない時の対処法として、梨状筋のストレッチ方法をご案内しました。それ以外にも太ももに体重を着けない原因はあります。このブログを参考にし早く良くなったいただければ幸いです。
 

梨状筋以外の原因も!
今回は梨状筋の原因により、太ももの筋肉が痛い時の対処法をお話ししましたが、体重を着くと足が痛かったり・しびれを感じるケースはそれ以外にもあります。



それ以外に代表的な太ももの痛み


大腿二頭筋(だいたにとうきん)
詳しくは≫大腿二頭筋の緊張



仙腸関節炎(せんちょうかんせつえん)
詳しくは≫仙腸関節炎について

 


体の痛み悩み相談
体の痛み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について
当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓

〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

体の痛みでご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市からも多数ご来院頂いております
 


投稿者 たくみ接骨院・はり灸院