院長ブログ

骨折後のリハビリ


上腕骨骨折後のリハビリについて

上腕骨骨折でこんな事を言われて当院へお越しの方が多いです。腕の骨折でギブスが取れお医者さんから自分で動かすよう言われた。腕の骨折のリハビリを自分ですると痛いのですが、今まで通り動かせる様になりたいと言う患者さんがよくいらっしゃいます。自分でリハビリは中々難しいですよね。ましてや後の程度動かしていいのか分かりません。
 


本当の戦いはギブスが取れてから

病院・整形外科によってはギブス固定が外れて、自分でリハビリを行なうこともあります。リハビリが無い医療施設、リハビリを行う理学療法士や作業療法士のスタッフが足りないなどで、時に自分でリハビリをする事になると「何を」「どの様に」「どの角度まで」「どの程度」リハビリをしたらよいのか正直患者さん自身でリハビリをするのは大変です。でもそのままにしていても腕は上がらなくなってしまいます。





腕の骨折後は肩甲骨が硬くなる

腕の骨折をされたなら、肩甲骨・肩周りも筋肉が拘縮(こうしゅく)しています。拘縮とは、筋肉が縮んだ状態を指します。この状態では腕は上がりませんので、しっかり筋肉の柔軟性を回復しなければなりません。また腕の筋肉自体も伸び縮みが悪いので、肘が伸びないなどの弊害も出てきます。
 

ギブス固定中の出血量で予後に変化

腕の骨折でのギプス固定中は、骨から出血しますので、血漿中の蛋白質が組織間へ移り、浸出液が線維素が多量に含み周辺組織に線維化を促進します。簡単に言うと骨の出血した血液が筋肉の入り硬くなります



固定の範囲・固定肢位で予後に変化


病院でギプス固定をされますが、固定の範囲や固定の肢位が広範囲に及ぶと、固定された周囲の筋力が低下します。骨の回復状況によって固定角度を変える。痛みをコントロール痛みで筋肉が緊張し関節に影響を与える。間接マッサージで痛みをコントロール。




◎骨折後の筋力アップ
実は固定期間中に軽い動作をしていると回復が早いです。まったく安静にしていると固定具を除去した際、足がグラつく、はしが持てなかったりします。骨折の状態にもよりますが固定範囲以外は動かせるので、医師と相談した上で、ボールを握る、ゆび先の屈伸、など軽い動作を固定期間中にでもおこなえます。




◎多少痛くても我慢?
我慢して早く治したいという一心でリハビリすると逆に悪くします。関節・筋肉に、程度の強さ、どの角度で、何回やるか、しっかり目的を持ってやりましょう。

骨化性筋炎......
筋トレを過度に行うと筋肉が骨化する疾患


多くの方は「やりすぎ」よりも「やらなさすぎ」でしょうが、骨折後リハビリを怠ると、日常生活に支障をきたします。骨折に限らず、捻挫・打撲・肉離れも「いつ」「何を」「どの程度」適確にリハビリを行い患部治癒を早め、痛みを残さないようにしましょう。


◎指導に添った適切なリハビリ



【骨折後リハビリ、超音波】





【骨折後リハビリ、温熱運動】




痛み・違和感を残したくない方ご相談下さい

適切なリハビリで一日も早い日常生活を!


たくみ接骨院はり・灸院

自賠責保険・労災保険でお困りでしたら相談下さい
千葉市花見川幕張町たくみ接骨院へご相談下さい


体の悩み相談

体の悩み相談はLINE@で、LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。2営業日までに返信いたします。ご予約にもご利用できます。
LINEはコチラ↓↓↓



ご予約について

当院は完全予約制です。ご予約された方は2営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。キャンセルの時は前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。
オンラインはコチラ↓↓↓


〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142
たくみ接骨院
043-273-6724

自賠責保険・労災保険でご来院頂いた方々
千葉市内:花見川区・美浜区・稲毛区・中央区・若葉区・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市など多数ご来院


コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: